ディープアイソレーションソリューションで増加する使用済核燃料と高レベル放射性廃棄物貯蔵のリスクと負担を減らす。

特許取得済の技術

弊社の革新的ソリューションは、円熟した掘削技術を活用して、核廃棄物を含んだキャニスターを深い水平のボーリング孔に保管します。深い安定した岩層に廃棄物を隔離して、自然の保護バリアシステムを活かして核廃棄物を処理します。

弊社の技術の実証を見る

ディープアイソレーションソリューションのメリット

地層隔離を通じた安全性

公的に証明された唯一の廃棄ソリューション

早期そして包括的なステークホルダーエンゲージメント

最小限の輸送

直ちに設置可能

ソリューションライフサイクル

3ステッププランが着実な進行を提供し、ロケーションの固有要因に対応します。

Step 1: Foundation Study

この完全なレポートは、対投資効果検討書と共にIAEA適合の証拠基盤を提供します。以下を含む包括的な実現可能性調査を実行します:

  • 適切なロケーションを調査するための初期分析
  • 法的要求事項を考慮したロードマップの提供
  • ステークホルダー周辺状況のマップ
Step 2: Operational Readiness Program

この段階で、コミュニティー参画、サイト特性調査と試掘に取り組みます。寒冷地でのオペレーションのための燃料輸送、配置、補償と安全のための手順の検討も、弊社の技術パートナーと現地プロバイダーと共に行います。

Step 3: Disposal

最終段階で、適合する特注キャニスターへの核燃料集合体の移送と据え付けなどを行い、深層ドリル孔貯蔵所が機能するようになります。以下を含みます:

  • 法規制の順守
  • 継続的なステークホルダーエンゲージメント
  • 貯蔵所のモニタリング
  • マテリアルハンドリング作業
  • 補償手順

貯蔵廃棄物を隔離するための最初の一歩は弊社の基礎調査です。ニーズに即したソリューションをご覧になりたい方は弊社までご連絡ください。

sales@deepisolation.com

ディープアイソレーションの違い

利害関係者の参加

信頼、協力と同意を得るために早くから参加を開始します。現地での協力関係はプロセスの初めから終わりまで続き、コミュニティーに利益をもたらします。

技術的用地選定

ロケーション調査は学者と科学団体と共に行い、適切な地質のエリアを決めます。

設置

傾斜堀り、キャニスターデザインと燃料の取り扱いは、Bechtelなどのグローバルパートナーの専門技術により支えられています。

品質保証

専門家、有名なアドバイザー、評価の高いパートナーの業界屈指のチームと、独立した調査者の広範なコミュニティーにより、安全でスムーズな引き渡しは確実です

なぜディープアイソレーションなのか?

ディープアイソレーションは証明済の核廃棄物処理以上のものを提供します。弊社の科学と原子力の専門家は、ステークホルダーエンゲージメントの専門家と業界パートナーと共に仕事を行い、環境的に保護するソリューションを提供します。

環境的保護

ディープアイソレーションの方法は、安全性と長期貯蔵可能性のテストと検証が可能な地下深くに核廃棄物を隔離します。

コラボレーションとエンゲージメント

ソリューションを学び、伝えて協力するために意見を求めて構築されたエンゲージメントプロセスに取り組みます。

コミュニティーエンゲージメント

パートナーシップ

ディープアイソレーションは、業界屈指のBechtelなどの一流の提携先を通じて世界中へ確実に納品します。

弊社に連絡する

営業所、アジア太平洋
10th Floor, Seoul Kyobo Securities Building
26-4 Youido-Dong
Yongdungpo-Gu, Seoul

登録して弊社のニュースレターを受け取る。

* indicates required